問題点を知って安全な取引を目指そう!

元本割れと追証の落とし穴

債券や保険等とは違い、先物取引では元本が保証されません。これは株式取引とも同じシステムではありますが、先物取引ではより大きな損失が生まれるリスクがあります。
株式取引において、企業の株式は倒産を迎えるまで価値がゼロに落ち込むことはありません。また、企業が倒産したとしても、価値がゼロになり、当初の投資額が戻ってこなくなるだけですが、先物取引では事情が変わってきます。
先物取引では値上がりだけでなく、値下がりの予想によっても利益を生み出せますが、その相場動向の予想が大幅に外れた場合、証拠金の不足によって投資資金の追加(追証)を求められる可能性があります。
つまり、先物取引では元本がゼロになるだけでなく、元本以上に損失が膨らんでいくリスクもあるのです。

損切りを身につけよう

相場予想が外れ、証拠金不足に陥った場合、追証することで取引を継続させることができますが、取引を続けたところで、必ずしも損失を取り戻せるわけではありません。
「利益が出なくてもいいから損失分を取り戻したい」という気持ちはわかりますが、いくら待ったところで価格が戻る保証はないのです。もちろん、価格が戻って損失分を取り戻し、多少の利益も得ることができる可能性もなくはありませんが、逆にどんどん損失が拡大していってしまう可能性もあるのです。
損切りとは、損失が一定の大きさになった時点で決済をし、現状以上に損失が拡大するのを防ぐ方法です。単純な対処法ではありますが、許容以上の損失を招かないためには非常に重要な方法です。判断力と決断力を磨き、ぜひ身につけましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ

TOP