取引会社は信頼できるところを選ぼう!

悪質な取引会社に注意!

先物取引を始める際には、取引会社での口座開設が必要です。ここで選んだ取引会社に取引の仲介やサポートを任せるため、どの会社を選ぶかは非常に重要なポイントとなります。
商品取引は許可制となっており、今では悪質な勧誘などはかなり減りましたが、それでも悪徳企業は存在しています。現在でも、先物取引会社に関する相談は年間で300件以上寄せられているというデータもあり、詐欺も横行しているようです。
先物取引業で開業するためのハードル自体は高くはないため、あまり信頼のおけない企業が少なくないことも事実です。せっかく先物取引を始めたのに、すぐに取引会社が倒産してしまっては困りますよね。
そうした事態を招かないためにも、取引会社は信頼のおける企業を慎重に選びましょう。

失敗しない取引会社の選び方

取引会社を選ぶ際にまず確認しておきたいのは、取り扱っている銘柄です。企業によって様々ですので、取引の経験がある方は自分の扱いたい商品がある企業を選びましょう。初心者の場合は、商品の“金”や、金融の日経225miniのどちらか、もしくは両方を扱っている業者がおすすめです。
また、トラブルの際にすぐ対応できるスタッフが常駐しているかどうかも選ぶポイントです。システムダウンや暴落といった際に、スタッフが迅速に相談や復旧に対応できるかという点は、取引の損益にも大きく関わってきます。
手数料が安い業者の中には、スタッフの対応体制が確立されていないものもあります。先物取引は刻一刻と状況が変わるため、多少手数料が高くついてもサポート体制の整った業者を選ぶことが大切です。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ

TOP